2012年02月08日

名古屋市守山区、中庭を囲むプライバシーに配慮された家(2011年1月施工)

外に閉じたプランリクルート「東海の注文住宅2011秋冬号」掲載
【H様邸でのこだわりのポイント】
H様のご用意された土地は、現在は車や人の通りは少ないけれども、周囲の環境などから、将来的に交通量が増える事が考えられる区画整理中の角地でした。
H様ご自身の生活されていたご実家での経験から、
光と風が通り抜ける心地のいい空間
先ほどの将来的な観点から、前面道路からの視線が気にならないような形
という2点を特に強く希望されました。
外に対しては閉じながら光と風の通る心地いい室内。という相反する条件をクリアした家づくりです。


パティオシンボルツリー【プランニングでのポイント】
2方向の道路側の1階部分には、道路側からの気配や視線に配慮し、大きな窓はありません。
しかし、そうとは思えないほど、明るく風の通るここち良い室内空間を実現したポイントは、
リビング、和室と繋がった広いパティオ(中庭)です。
このパティオは、室内に明るく暖かな光を届け、さわやかな風を通すだけではなく、
大きなシンボルツリーを眺めながらの極上のプライベート空間になります。

最も快適な空間が求められるリビングには、階段・吹抜けの上に天窓を設置。
これにより常に安定した明るさが確保出来るようになりました。

道路側の窓は、目線の高さを外し、外部の視線がより気にならない位置に設置。

道路には閉じながらも光と風の通り抜けるデザインを実現しました。


守山区H様邸【仕様・設備へのこだわりのポイント】
■D+b Basic・・・詳細はこちら

室内のイメージと統一された白い可動棚で、自分好みにカスタマイズができるシューズクローゼットは、靴だけでなく外で使う物なども収納でき、収納力は抜群。
収納スペースを集約する事で、リビングに余分な収納スペースを作ることなく、すっきりした空間がつくられています。
床暖房が設置された広く、開放的なLDKは、風化珊瑚を利用した真っ白な塗り壁。
天井の濃く着色された梁との対比で、メリハリのあるインテリアとなっています。
ご夫婦の寝室には大きなウォークインクローゼットを設置。ここでも、収納スペースはまとめて広く取り、生活する場には物が溢れないように、できるだけすっきりとした生活を送れるようにされています。