2015年05月09日

名古屋市守山区A様(2015年3月新築)

DSC00024.JPGほぼ土地を決めた段階で何社かの方とお話をさせていただきました。
そんな中で、夫婦そろってコウケツさんが良いね。と意見がまとまりました。私たちのインテリアや造形へのこだわりを受け入れて頂けそうだと感じたのが決め手だったと思います。

そう感じたのは間違いではなく、計画中にたくさんの事を決めていく中で、私たちがやりたいと考えていた事を実現させるため 一緒に頭をひねって頂きました。

今、完成した家は、どこを見ても思い入れの強い、まさしく「私たちの家」になったと思います。ありがとうございました。

gallarylogo.png

名古屋市守山区、素材、仕上り、間取りにこだわり抜いた家(2015年3月竣工)

木目の映える黒色ガルバリウムの外観【A様邸家づくりのスタート】
家づくりの資料請求サイト「SUUMO注文住宅」を通して私たちにお問合せを下さったA様。
すでに土地もご契約寸前までお話が進んでおり、予算、期間の2点から条件に合う業者を探されておりました。私たちのD+homeの予算や、工事期間などをお伝えしました所、一度お会いいただけることとなり、私たちとA様ご家族のお付き合いがスタートいたしました。


【プランニングでのポイント】
スキップフロアで空間にゆとりを持たせたLDKA様邸の敷地は両隣の家がかなり接近している、住宅密集地の中にあり、東西からの採光はほとんど取ることができず、明るく快適なLDK空間を作ることを最初に検討し始めました。A様ご自身でもイメージ図を作られ、2階にリビングを持っていく方向で計画がまとまり始めました。
そこからも、限られた空間でより多くのスペースを有効に使うこと。より利用しやすい動線にすること。を重点に何度もプランのお打合せをいたしました。
その結果、キッチンを中心として洗面室やダイニングをぐるりと一周でき、さらにはスキップフロアを利用し大きな収納空間をつくるプランが出来上がりました。


【仕様・設備へのこだわりのポイント】
シナベニア目透かし貼りの壁と天井が温かみを与えます■D+b Basic・・・2015年仕様

一部にアクセントとして使用した木(レッドシダー)が映える黒色のガルバリウム鋼板貼りの外壁は、シンプルな外観ながらも重厚な印象を与えます。
内装は足触りのよいD+home Natural標準仕様の杉板を床材に仕様。またキッチン周りは洗面室と繋がることもあり、塩ビタイル貼りとしました。キッチンの腰壁には奥様セレクトの青色のタイルが貼られ、木目の多いLDK空間のアクセントとなっています。
TVを取り付けた壁と、天井はシナベニアの目透かし貼りとし、クロスとは違った印象を与えます。TV壁には壁材と同じ仕様の建具が作ってあり、一見すると壁にしか見えない一部が開き、床下収納へと続く仕掛けも目を引きます。

customervoice.png