2017年03月17日

安心安全な家づくり■住まいは足元から■

DSC_1367.JPG

先日、あの東日本大震災から6年が過ぎ、テレビはじめ様々なところで
改めてその脅威を目にされた方も多いのではないでしょうか。


私が日々お客様とお話する中でも、
「地震に強い家を建てたい!」という性能に興味を持たれているお客様が
以前に比べて多くなりました。


もちろん私たちの「D+home」は耐震性だけではなく制震ダンパーも採用するなど、
建物自体の性能にもこだわっていますが、
これからの「強い構造の家」「安心、安全な家」には”地盤”へのこだわりも大切なのです。


いくら建物が地震に強く創られていたとしても、地盤が弱ければその地盤ごと
建物が崩れてしまいます。


そのため、家づくりを行う際には、

「安全な地盤の土地を選ぶこと」

が重要で、地盤が安全かどうかを調べるのが「地盤調査」です。


そして、必要に応じて地盤を補強したりするのが「地盤改良工事」です。


ちなみにこの「地盤改良工事」は50万~100万円ほどかかる事もあり得ます。


ただ、この「必要に応じて」というのが重要なポイントなんです。


というのも、どんな人でももちろん安全な地盤に家を建てたいですよね?


ただ、地盤調査会社によっては、不要な工事や過度な地盤改良工事を
勧めてくる場合があるんです。


なぜなら、
地盤調査会社がそのまま地盤改良工事を請け負うことが多いからなんです。


当然、地盤調査をする会社からすれば、調査だけをするよりも、
地盤改良工事もした方が利益を取ることができますから・・・


とは言いましても、調査された資料を見て改良工事が必要かどうかを
判断することはとても難しいのです。


そこで私たちは、全国6000社の住宅会社のネットワークを利用した、
安心して地盤調査をお任せできる会社に、地盤調査をお願いしています。


なぜ安心してお任せできるかというと、地盤改良工事を請け負わず、
地盤調査だけを専門に行っている会社だからです。


だから、過度な地盤改良工事を行う必要がなく、安心してお任せできるんです。

家づくりは高いお買い物です。


だからこそ、無駄なお金をかけず、
しかもしっかり安全な暮らしを送れるよう、家を建てる地盤から、
私たちはこだわっています。


追伸

現在家づくりを行うためには必ず地盤の調査が必要となります。
私たちはこの必ず必要になる費用については「建物本体価格」に
含むことで、調査費用が別途必要になる。という事が無いようにしています。

できるだけ後から出てくる費用はないようにしたいものですからね!