これからの家づくりを実現!それが新しいD+home!

これからの世の中のキーワードとなる高齢化社会。
家づくりがその中で担う部分は「健康」そして「お金」です。

これまで私たちが手掛けてきました住宅は、どれもそれぞれのお客様のライフスタイルを形にしつつ、性能面も満足した家づくりを行ってきました。

現在、住宅の広告などで書かれている「断熱性能等級4」という表示。
最高等級なので、非常に優れた断熱性能を持っているように感じますが、実はその基準は2020年より義務化される最低基準と同等でしかありません。

これからの私たちが目指すのは最低限度ではありません。

これからの時代、より長く健康に、経済的に安定して暮らしていただけるように、私たちはHEAT20(2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会)の定める最高水準G2グレードを満たす0.46以下の熱貫流率(6地域)を目指した家づくりを行います。

これにより、大きく冷暖房負荷を減らすことができ、結果として義務基準で建てられた住宅と比べ、毎月の出費を大きく減らすことができるようになります。
hiyou.png

将来の「健康」と「お金」の不安を減らす最高の性能をスタートラインとし、お好みのインテリアテイストにより2つのラインナップとしてまとめた新しい「D+home」が私たちがこれからの時代の家づくりを真剣に考え抜いた答えです!

carinobaner.png

stylebaner.png

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!