家づくり必要なお金■土地、建物以外のお金

22.jpg

先日、私たちの感性見学会にご参加いただいたことからお付き合いが始まり、
約半年、一歩ずつ前に進んできたお客様のお宅がとうとう着工しました。


地鎮祭も行い、地盤の調査や改良工事から、
今まで紙の上や、パソコンの画面の中でしか見られなかった家が
現実のものになって建っていく様子は、何度見ても感慨深いものです。


さて、このお客様、
30代子育て世代のお客様の多くがそうであるように、
土地探しからの家づくりスタートでした。


多くの方が、家づくりの費用として、
家本体の価格と土地の費用のみ重要視されますが、
実はそれ以外にもかかってくる費用がたくさんあるのです。


例えば・・・

・火災保険・地震保険(10年):30~80万円/10年
・団体信用生命保険・生命保険:100~200万円
・引っ越し費用:10~25万円
・不動産仲介手数料:0~100万円
・不動産取得税:0~50万円
・固定資産税・都市計画税:10~30万円/年
・外構(庭や玄関の外回り)工事:70~300万円

これらはほんの一例です。
さらに、建物もカタログやホームページに載っている価格以外に必要になることもあります。


私たちは、建物、土地の価格だけではなく、
お客様の検討される地域によって必要となる可能性のある建物の価格、
仲介手数料などの諸経費、外構工事や地盤改良工事などの費用まで含めてお伝えすることを大切にしています。


もちろん建て替えの場合には、2階の引っ越しが必要ですし、
建築中の仮住まい家賃もおよそ6か月分程度かかってきます。


家づくりの資金計画を立てるときには、
建物、土地の目に見える金額以外もしっかりと考えて、無理のないように計画を立てることが必要です。
適正な資金計画は楽しい家づくりの第一歩ですよ!

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!