名古屋市南区、狭小地の余裕のある家(2012年7月施工)

ワンルームにすることでゆとりを作る

約4.5mという限られた間口での家づくり。
無駄な廊下を排除し、共有スペースを充実させることで、広々としたLDKを実現。
太陽光発電も搭載し、小さくてもゆとりある暮らしをかなえました。

  • 建物間口2間の計画
  • 黒をベースとした落ち着いた浴室
  • 廊下を無くし無駄を排除
  • 共有スペースを作り子供室は最低限に
  • 限られたスペース内にも収納を
  • アルミルーバー詳細

customervoice.png



知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!