名古屋市守山区、黒い床板の映えるLDKのある家(2015年12月施工)

たくさんの太陽光を取り込める外観【K様邸家づくりのスタート】
生まれて間もないお子様をお連れになり私たちの事務所にいらっしゃったK様。大まかなご予算を検討され、私たちのホームページでD+homeをご覧いただきお声がけをいただいたところから家づくりがスタートしました。


黒と白の木のコントラストが美しいLDK【プランニングでのポイント】
もともと緑や木がお好きで、ところどころに気を使ったナチュラルな雰囲気、収納を充実させすっきりと見せること、そして風通しがよくあたたかな光がたくさん入ることなど、ご家族が普段よく過ごされるLDKに重きを置かれたK様。南に面して間口の広い敷地もあり、柔軟なプランニングが可能となりました。


檜羽目板の天井【仕様・設備へのこだわりのポイント】
■D+home・・・詳細はこちらから

本物の木の床を使いたいけどすぐに傷がつくのは避けたい…。そんなご希望をかなえるためいくつかの固い木の無垢板サンプルをご用意した中からお選びになられたのが「ブラックウォールナット」その名の通り黒い色をしたこの床材から内装イメージはスタートし、天井には檜の無垢板を使用し室内が暗い色になりすぎないように選んでいきました。
このこだわりの檜の天井板は、外部の玄関ポーチ部分にも使用しアクセントとなっています。


customervoice.png

瀬戸市、2世帯が程よい距離間で繋がる家(2013年4月施工)

和モダンな外観デザイン【T様、K様邸家づくりのスタート】
T様奥様のご両親との同居を機に家づくりを決意されたT様。様々な建築会社に足を運ばれ、私たちにご相談いただいたのもそんな中の2011年9月でした。
その後何度か私たちの見学会にも足を運んでいただき、ご一緒に資金計画などを立てさせていただきながら、T様、K様の家づくりは進んで行きました。


2世帯の家族が集える余裕ある広さのLDK【プランニングでのポイント】
2世帯が同居されるT様、K様邸。2世帯住宅のように、玄関やキッチンまで別にするのではなく、2つの家族が仲良く一緒に暮らすことのできる家を計画されました。
しかし、夜勤などもあり生活リズムが違うご主人とご両親がお互いにストレスなく暮らせるように分ける部分と、共有する部分を考えてプランニングを進めました。


カウンター仕様の対面キッチン【仕様・設備へのこだわりのポイント】
■D+b Basic・・・詳細はこちらから

生活パターンの違うご主人が、夜勤などで他の家族とは違う時間にご帰宅された際などにも気兼ねなく疲れをとれるように、2階に専用のシャワールームを用意。
洗面台も1階、2階にそれぞれ設置しました。
家族やご友人が集まることをご希望されていたK様奥様のご希望で、カウンターとしても利用できるフラットタイプの対面キッチンには、食器洗い乾燥機もあり使いやすさと、デザイン性を両立しています。

焼き物を貼りつけた外構また瀬戸市独自の景観条例に合わせて、瀬戸市の焼き物を利用するなど街並みにも配慮した外構計画となっています。

customervoice.png

豊明市、インナーガレージのあるスキップフロアで繋がる家(2013年3月施工)

インナーガレージのある家【M様邸家づくりのスタート】
土地探しからご相談いただきましたM様とは、私たちの開催しておりました見学会にご参加いただいたところからスタートいたしました。私たちのお話をとても熱心に聞いてくださり、またM様もご自身の家づくりに対する思いを私たちにぶつけてくださり、少しずつ前へと進んで行きました。


複雑な段差が生み出す楽しめる空間【プランニングでのポイント】
M様ご主人がどうしても叶えたかった夢である「インナーガレージ」。それを実現するために室内は複雑な構造となりましたが、それを生かし、勉強もできる「フリースペース」2階の「トイレ」それぞれの「個室」と用途の違う部分がそれぞれ違う床の高さとなる、独特の遊び心のある空間となりました。


無垢一枚板を使った書斎【仕様・設備へのこだわりのポイント】
■D+n Natural・・・詳細はこちらから

もともと健康住宅を検討されていたM様は、やわらかく温かみのある杉の無垢板や、消臭調湿性能のある塗り壁などを採用した「D+n Natural」を気に入ってくださいました。
中でもM様がこだわられたリビング塗り壁の仕上げは、通常の刷毛を当てて薄く模様を付ける仕上げではなく、できるだけ模様の出ないコテで押さえた仕上げとし、玄関も標準の石貼りではなく、こちらもモルタルの押さえ仕上げとし、職人の手による仕上がりを楽しめるようになりました。
ご主人のプライベート空間の書斎テーブルにも、大きな無垢の一枚板を使い手触りや足触りにこだわらせていただきました。

customervoice.png

長久手市、長いのぼり棒のある子供がよく育つ家(2012年3月施工)

土地を最大限生かした形状CBCテレビ「東海地方の事なるべくちゃんと調べます」放映物件
【M様邸でのこだわりのポイント】

土地探しからのご相談を頂いたM様。
建物にも様々なこだわりを持たれていたので、M様のご希望を叶えた建物が入りそうな広さ。そして予算との兼ね合いもあり、土地探しは難航しました。
最終的に見つかった土地は希望していたよりも若干狭い土地でした。

その中でM様の夢、こだわりを叶え、3人の男の子たちがのびのびと、たくましく育ってくれるような家にする為に、限られた敷地を目一杯有効に活用する方法を何度も打合せを重ね、M様とご一緒に考えていきました。

自然素材が心地いい室内【プランニングでのポイント】
ご主人とお子様が趣味でやられている、空手の練習場ピアノの練習スペース
読書が趣味の奥様と、お仕事がら本の多いご主人用の大きな本棚と、読書スペース
活発なお子様たちが大いに遊べるようなスペース
さらには広いバルコニーや庭も欲しい・・・
などの、数多くの夢や希望を叶える家づくりが必要でした。


道場スペースこれらの夢は、
広い吹抜けに設置された約8mもの長さの「のぼり棒」でいつもお子様たちが活発に遊んでいるLDK。

構造材に直接設置されたサンドバックと大きな鏡を取り付けた空手の道場

兄弟、家族が揃って使える、壁一面の本棚を作りつけた読書スペース

周囲の視線の気にならない、ご家族だけのプライベート空間屋上バルコニー

となって実現いたしました。

吹抜けと登り棒【仕様・設備へのこだわりのポイント】
■D+n Natural・・・詳細はこちら

D+n Natural 標準仕様の杉無垢板は 自然素材ならではの温かみを感じさせ、裸足で生活したくなるここちよさ。M様のご希望に合わせて着色した濃茶の塗料も、舐めても大丈夫という自然素材の塗料で小さなお子様でも安心です。

壁の仕上げには、リビング周りには風化珊瑚を利用した健康素材「コーラルパウダー」の塗り壁、クロスも珪藻土を混ぜ合わせた物を使用し、家全体の空気を快適なものにしています。

これらの自然素材に合わせ、大きな無垢一枚板を使ったオリジナルの洗面台を作りつけるなど、細部にわたって家のイメージに合わせた仕様になっています。

リビングには大きく開放できるサッシを設置し、室内とお庭の繋がりを重視しながらたくさんの光と風が室内に入るようになっています。

media5.jpg【テレビ局の取材を受けました】
2012年7月26日(木)にCBCテレビ「東海地方の事なるべくちゃんと調べます」番組内の”住宅メーカーに聞いたここまでこだわる?と驚いたお宅”という企画内で

家の真ん中にのぼり棒のある家として紹介されました。

人気お笑いコンビの「しずる」が取材に訪れ、楽しくのぼり棒で遊ぶ様子が放送されました。

■詳細はこちらから

名古屋市天白区、自然素材の心地いい3世代で暮らす家(2010年4月施工)

T様邸【T様邸でのこだわりのポイント】
T様は、以前に私たちに家づくりを依頼してくださったお客さまからのご紹介で、私たちに家づくりを任せてくださいました。
T様は、家づくりを検討されてから、数社の工務店やハウスメーカーを見学され、その金額に驚き最後に私たちにお声をかけていただけたという経緯から、T様のこだわりの家をいかに適正価格で提供するか、というのが私たちの使命でした。
その為に、こだわりの家を含めた土地探しからお手伝いさせていただき、幸いすぐにご希望に合う土地にめぐり合うことができ、プランニングをスタートさせていただきました。

無垢板の床【プランニングでのポイント】
T様ご家族は、ご夫婦と元気いっぱいのお子様がお二人で、今回の家づくりを機にT様のお母様も同居されることになっており、また来客があってもいいようにゲストルームもご希望の、5LDKという間取りが必要でした。
いかに、圧迫感なく家族が集まれる暖かいリビングを確保しつつ5部屋の個室をつくるかという点に重点を置きプランニングをしました。

【仕様・設備へのこだわりのポイント】
■D+n Natural・・・詳細はこちら

常に家族を感じられる開放的なキッチンにするために、フルオープンのアイランドキッチンを採用。足元は30ミリの厚さの杉無垢板を使用し、冷たさを感じにくい床仕上げに。洗面室と脱衣室は別々にすることにより、お客さまにも気軽に洗面台を使っていただけるようにしました。

customervoice.png

名古屋市守山区、中庭を囲むプライバシーに配慮された家(2011年1月施工)

外に閉じたプランリクルート「東海の注文住宅2011秋冬号」掲載
【H様邸でのこだわりのポイント】
H様のご用意された土地は、現在は車や人の通りは少ないけれども、周囲の環境などから、将来的に交通量が増える事が考えられる区画整理中の角地でした。
H様ご自身の生活されていたご実家での経験から、
光と風が通り抜ける心地のいい空間
先ほどの将来的な観点から、前面道路からの視線が気にならないような形
という2点を特に強く希望されました。
外に対しては閉じながら光と風の通る心地いい室内。という相反する条件をクリアした家づくりです。


パティオシンボルツリー【プランニングでのポイント】
2方向の道路側の1階部分には、道路側からの気配や視線に配慮し、大きな窓はありません。
しかし、そうとは思えないほど、明るく風の通るここち良い室内空間を実現したポイントは、
リビング、和室と繋がった広いパティオ(中庭)です。
このパティオは、室内に明るく暖かな光を届け、さわやかな風を通すだけではなく、
大きなシンボルツリーを眺めながらの極上のプライベート空間になります。

最も快適な空間が求められるリビングには、階段・吹抜けの上に天窓を設置。
これにより常に安定した明るさが確保出来るようになりました。

道路側の窓は、目線の高さを外し、外部の視線がより気にならない位置に設置。

道路には閉じながらも光と風の通り抜けるデザインを実現しました。


守山区H様邸【仕様・設備へのこだわりのポイント】
■D+b Basic・・・詳細はこちら

室内のイメージと統一された白い可動棚で、自分好みにカスタマイズができるシューズクローゼットは、靴だけでなく外で使う物なども収納でき、収納力は抜群。
収納スペースを集約する事で、リビングに余分な収納スペースを作ることなく、すっきりした空間がつくられています。
床暖房が設置された広く、開放的なLDKは、風化珊瑚を利用した真っ白な塗り壁。
天井の濃く着色された梁との対比で、メリハリのあるインテリアとなっています。
ご夫婦の寝室には大きなウォークインクローゼットを設置。ここでも、収納スペースはまとめて広く取り、生活する場には物が溢れないように、できるだけすっきりとした生活を送れるようにされています。

今すぐ、お問合せ・ご相談はこちらから!

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!