狭小地でもゆとりのある家(2012年7月施工)

約4.5mという限られた間口での家づくり。
無駄な廊下を排除し、共有スペースを充実させることで、広々としたLDKを実現。
太陽光発電も搭載し、小さくてもゆとりある暮らしをかなえました。

  • アルミ製ルーバーの意匠により印象深いファサード
  • 狭小住宅でも洗面お風呂は広々1坪ずつ
  • シンプルな配置で無駄なく使えるLDK
  • 将来間仕切り可能な子供室
  • 勾配天井で開放的な主寝室
  • アルミルーバー詳細


この実例のオーナー様のお声はこちら


知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント