狭小地の二世帯三階建て住宅(2019年7月施工)

■物件データ■
外皮性能:UA値 0.51(6地域 HEAT20G1)
エネルギー消費量:31%削減 BELS☆☆☆☆☆

ご両親のご自宅を建替え二世帯住宅としてご一緒に生活を始めるために家づくりをスタートしました。
その敷地は非常に間口が狭く、安全性のため自由な間取りが作りにくくなってしまうような条件でした。
その難条件を克服したのが、大きな柱と梁による門型フレーム構造。これにより必要な壁の量を減らすことができ、間取りの自由度も上がり、二世帯が程よい距離感で同居できる狭小地三階建て住宅が完成しました。

  • 狭い間口で二世帯住宅を実現するため三階建てに
  • 親世帯は平屋として生活が可能に
  • 対面キッチンで孫の顔を見ながら料理
  • 子世帯のLDKは横並びに計画
  • キッチンの裏側は収納に
  • 壁掛けテレビ
  • 高窓で隣地の目線もカット
  • スタイリッシュな配色のトイレ
  • 道路斜線に合わせて控えた3回にはルーフバルコニー


この実例のオーナー様のお声はこちら


知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント