家づくりには思い込みは厳禁?

こんにちは。
皆様の家づくりを素敵な思い出に導く、家づくりコーディネーターの纐纈 泰章です。


image07.png

家づくりを進めていく中では、
間取り、予算、土地、などなど、
決めていかなければいけないことの連続です。


いつ建てるのがベストなのか?

どんな家がいいのか?

予算はどれくらいなのか?

どこの場所で建てるのか?

どこの会社に頼むのか?


少し考えただけでも、眩暈がしてきそうですね...


しかも現在では家づくりに関する情報は
ネットや本、知人友人からのアドバイス、
住宅会社の営業マンからの提案など、
様々なところから簡単に仕入れることができてしまいます。


しかし、たくさんの情報が溢れすぎているため、
何が間違っていて何が正しいのか?を判断することが難しく、
思い込みで決めてしまうこともしばしばあるかと思います。


ニュースや本などに出ている言葉で
アンコンシャス・バイアスというものがあります。


これは「無意識の思い込み」という意味の言葉で、
自分自身の過去の経験や知識、価値観などから、
本人では中々気付くことができない、物の見方の偏りを産んでしまいます。


それが原因で、判断を誤って失敗をしてしまうことがあるかもしれません。


例えば、家づくりの手順について。


まずは住む場所が決まらないと、何も始められない!
と、まずは土地を探すことから始め、
そこから、間取りを決め、どんな仕様にするのかを決めていきます。


が、そこまで進んだ段階で、
住宅ローンが通らなかったり、総額予算が合わないことが発覚したり...


家づくりの順番を思い込みで土地からということで考えた結果や、
建物そのものの予算を検討する前に動き始めた結果、
結局振り出しに戻ってしまうということがあるかもしれません。

もちろん土地探しから行うのが必ずダメ!
と言っているのではなく、そもそも売り物件がほぼ無いエリア、
地価が高いところを検討する場合や、
住む場所を第一優先に考えた場合は効率的に進められることもあります。


また、思い込みは悪い結果を産むだけのものでもありません。


一度家を建てたことがあって、過去の経験から
その思い込みによって正しい判断を行えることもあるかと思います。


大事なことは、どこかに思い込みがないかを考えてみることで、
自分自身やご家族としっかり向き合って、判断することだと思っています。


家づくりは、一生に一度の大イベント。
と、言われていますが、
そもそも本当に一生ものなのか?


言葉の意味をそのまま鵜呑みにすることなく、
それが事実なのか?解釈なのか?
を考えてみると、意外と新しい気づきがあるかもしれません。


思い込まず、縛られることもなく、
自由な発想で、楽しく家づくりを行っていきましょう!


家づくりで豊かな人生を創造しましょう!


各種イベント開催中

【随時開催イベント】

【期間限定開催イベント】


「Life Style Design」

ライフスタイルをデザインする。

家というモノを通して、豊かな人生を創造します。


PageTop