知って得する「カーテンの色の効果(暖色編)」

こんにちは。
皆様の家づくりを素敵な思い出に導く、家づくりコーディネーターの纐纈 泰章です。


image08.png

打合せの時から数えて、およそ8カ月。
夢にまで見たマイホームが完成したら、
いよいよ新生活のスタートです。


新たな生活に必要不可欠なものの1つに
「カーテン」がありますね。


この「カーテン」は、
もちろん好きな色を取り入れるのが1番です。
お気に入りのインテリアは毎日の生活をより楽しく
素敵なものに演出してくれますからね!


しかし、色にはそれぞれ効果があり、
お部屋によって、おすすめの色や
使い過ぎない方が良い色があります。


今回はカーテン選びの参考にしていただくために、
「暖色系」の色の効果ついてご紹介したいと思います。

【白・アイボリー・ベージュ】

清潔感があり明るい印象を与える、
白・アイボリー・ベージュ。

これらの色は、空間を広く見せる効果があるので
狭い部屋にもおススメ!

特に白色は太陽の光をたくさん取り込みます。

日が当たり過ぎる部屋の場合は、
暑くなりすぎてしまう可能性があるので一工夫。

遮熱効果のある素材を使うことで、暑さを和らげることができます。
機能性に目を向けることも大切ですね!


ベージュは、飽きにくく、洋風・和風・モダンなど、
どのインテリアとも合わせやすい優れモノです。

万人ウケする色ですが、使い過ぎると、
のっぺりした印象になりやすいので、
アクセントカラーをインテリアに取り入れるようにして、
空間にメリハリを与えるとよいでしょう。


【オレンジ・黄色】

オレンジ色は、緊張感をほぐしたり、開放的な気持ちにしてくれます。

また、食事を美味しく見せ、食欲が増進する色でもあります。
キッチンやリビングだけでなく、子供部屋にも最適!
部屋全体が明るく、元気な印象になりますよ。

さらに、壁や床の色に多い、白色・茶色と相性が良いので
意外とコーディネートもしやすいのです。

黄色は、気持ちを前向きにし、にぎやかな雰囲気をつくります。

会話を活発にしたり、
時間が早く感じる効果があると言われています。

カラッと乾いた印象になるので、
トイレや浴室など水まわりも印象を良くすることができます。

道路標識や子供用の通学帽子が黄色になっているように、
注意を促す目立つ色であり、興奮作用もあります。

使いすぎることなく、
お部屋のワンポイントとして取り入れるのも良いでしょう。


【赤・ピンク】

赤色は、交感神経に作用し、体温を上げたり、
食欲を高めてくれます。エネルギッシュで元気が出ます。

人の集まるダイニングやリビングにピッタリ。
気持ちを盛り上げ、楽しい会話が弾みます。

その一方で、興奮作用があり、取り入れ過ぎると
落ち着かない部屋になる場合があるので、
差し色として取り入れるのもおすすめです。

ピンク色は、情緒を落ち着けて、優しい空間にしてくれます。

淡いピンクはリラックス効果も高く、
寝室や子供部屋に採用されることが多いですね。

化粧品のパッケージや女性向け広告に多用されているように、
華やかでありながら柔らかく、女性的な印象になります。

また、女性ホルモンを刺激し、肌の調子を良くしたり、
血行が良くなるなど、美容効果があるとも言われています。


以上、暖色系の色が持つ効果について簡単にご紹介しましたが、
1番大事なのは、
そこで暮らすご家族みんなが気持ち良く生活できることです。

色の特性に囚われ過ぎず、
ご家族の意見を大切にしてくださいね。

そして快適なマイホームライフを
私たちと一緒に作っていきましょう。

カーテン工事については、
オプション料金が発生する住宅会社もあります。

え?あなたのところはどうなの?
私たちの場合の取り扱いが気になった方は、
ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。


今回も最後までありがとうございました。
次回もまたお楽しみに!


各種イベント開催中

【随時開催イベント】

【期間限定開催イベント】


「Life Style Design」

ライフスタイルをデザインする。

家というモノを通して、豊かな人生を創造します。


PageTop